僕、佐々木正臣は最近プライベートでも仕事でも上手に行かずに行き詰っていました。
さらには普段病気になる事ないのに、インフルエンザにもかかってしまい仕事を休まなければいけなくなってしまったのです。
なんだかついていないという気持ちだけでなく、インフルエンザが治った後もまだ菌が体の中に残っているのか体も心も思うようにならず、マイナス思考になっていました。
この気持ちをどのように変えていこうかと悩んだ時に、本屋で前向きな言葉が書かれている本を見つける事ができました。
そこには誰もが上手にいかない事があるという内容や、やる気が出てからでも遅くはない事が書かれていたのです。
他にもマイナスな事を考えたくなってしまった時には、楽しい事などを探してプラスのイメージを脳の中で作っていく事も大切だと言っていました。
心の中がスッキリしてきて、本を読み終える頃にはなんだか元気が出ていました。
人生はいつも良い時ばかりではないのでマイナス思考になる事もありますが、またプラスな事を考えて頑張ろうと思います。

関連ウェブサイト