結婚して避妊をしていないのに一定期間妊娠に至らないと医学的には不妊症とされます。
不妊は決して特別なことではなく、10組の夫婦がいれば1組は不妊症であるという調査もあります。
不妊症にはいろいろな原因がありますが、卵子の老化もそのひとつです。
仕事をバリバリこなす女性が増え、結婚する年齢が高くなっていますが、子宮には問題がなくても卵子の老化が進んでいてなかなか妊娠しないという晩婚の女性が少なくありません。
卵子提供は、こうしたケースに適した治療法です。
この方法では、第三者の卵子とご主人の精子からの受精卵を奥様の子宮に移植して妊娠・出産します。
生まれる赤ちゃんは、遺伝的には第三者の女性のDNAを受け継いでいますが、胎内では奥様の血液から栄養を受け取って誕生し、実子として届け出ることができます。
東京駅から歩いて5分と、都内はもちろん全国各地からアクセスのよい場所にあるベビーエージェントは、国内外の不妊を専門にしているクリニックと提携している卵子提供の斡旋会社です。
妊娠を希望するご夫婦との信頼関係を何よりも大切にしていて、妊娠の成立に向けて一組ごとのご夫婦に一番適した治療のプランニングをしています。
また、日本人の卵子ドナーの登録機関との提携もあります。