長持ちする家具ですが、最近は家具の買い替えを検討する人が増えているようです。
そのキッカケとなったのが震災です。
震災で壊れたという単純な理由ではなく、万が一の災害時に家具の転倒によるケガなどを防止したいという思いもあるようです。
寝室には、背の高い家具ではなく、背の低い家具を置き、ベッドなどに倒れこむのを防止したり、背の高い家具には、上には突っ張り棒をつけて固定し、床との間には転倒防止のシールを張って、揺れや転倒を防ぎます。
そのほか、食器棚の扉には、開閉防止の留め具、ガラス扉のガラスには、飛散防止のシートを張るなどして、防災対策を行います。
また、既存の家具についても、利用方法1つで防災対策に繋がる場合があります。
例えば、本棚。
重い本を下に並べ、上に行くにつれ軽い本にすることで、重い本の重量で、本棚の倒壊を抑制することが可能になります。
お気に入りの家具の安全性も高めて、安心の暮らしをしたいですね。
エアリゾームインテリア 本店|家具・インテリア総合通販サイト