歯科衛生士は転職しやすい職業だと思います。
わたしが衛生士学校に通っていたときによく先生からそう言われていました。
なぜなら、歯科衛生士は国家試験を受験して合格して得る、国家資格だからです。
歯科助手とは違い、国家資格を持っているので歯医者にとって点数のためのメリットにもなります。
しかも、現在、歯医者に対しての歯科衛生士の数がかなり少ないようで、引く手あまたな職業だといわれいているそうです。
だから、ひとつのクリニックや病院にこだわらなくてもよいのだそうです。
今勤務している、クリニックや病院が自分に合わないと感じるならば、自分に合いそうなクリニックや病院に転職すればいいし、国家資格をもっている分、かなり有利になるそうです。
国家資格というのがかなり強みになり、何回も病院を変えているしている衛生士もいました。
転職により、自分に合う職場が見つかるのならいいですね。
わたしも1度だけしましたが、そんなに苦労をせずに再就職ができました。