刀剣というのは、お手入れがとても大変なものです。
時代劇をご覧になったことがある方なら、お侍さんがお手入れをしているシーンをご覧になったことがあるでしょう。
脂をしみ込ませた丸いコットンみたいな玉の付いた棒で、ポンポンっと叩いているアレです。
お好きな人だと、あの瞬間がたまらないという方もいますが、まったくの門外漢には、手間がかかってしょうがないとしか思えないものです。
親から譲り受けて、どう保管していいのかわからないという方もいらっしゃるでしょう。
そういう方がずっと持っていて、なまくら刀にしてしまうより、買取ってもらい好きな人の手に渡ったほうが良いのではないかと思います。
せっかくの刀も錆ては値段が落ちてしまいますから、そうならないうちに買取ってもらいましょう。
近くにそのようなお店がないという方も、インターネット上から申込める専門店もあります。
しかも、宅配での買取も行っていますから、持ち込むことができないと心配する必要はありません。
大事な刀剣だからこそ、プロがしっかりと査定してくれる専門店をおすすめします。
お手入れができないからといって錆させてしまっては、それこそご先祖様に顔向けができないのではないでしょうか。
http://touken-kaitori.com/